施設紹介 利用設備紹介 利用分野紹介 利用案内 運転計画・実績 発行物・公開資料

 即発ガンマ線分析

 試料に中性子を照射した瞬間に放出される ガンマ線(即発ガンマ線)を測定して試料に含 まれる微量元素を高感度に分析する方法です。 即発ガンマ線分析は、放射化分析で分析が困 難な水素、ホウ素などの軽元素にも有効である ことから、主として血液中のホウ素量の測定に 用いられBNCTの臨床研究に貢献しています。 このホウ素量の測定によりBNCT時における 最適な照射時間を決定することができます。

No.1プール 即発ガンマ線分析装置中性子導管
即発ガンマ線分析装置 即発ガンマ線分析装置中性子導管